眠る前に

寝たら忘れちゃうから、備忘録。

麻婆豆腐

 

先週、とても美味しい麻婆豆腐をご馳走になったせいか

今週はランチで4回も麻婆豆腐を食べた。

花椒(huajiao)がよく効いた四川風麻婆豆腐が好きだ。

お店によって味が全然違うので面白い。

 

と、そこであることに気付いた。

 

私が好きな痺れる麻婆豆腐は陳麻婆豆腐というらしく、麻婆豆腐と区別されている。

もともと麻婆豆腐を考案したのがどこぞの陳さんの奥様だったからそう呼ばれていたそうだ。

文化大革命の時に麻婆豆腐という名称で広まった一方で、元祖四川風を受け継ぐ麻婆豆腐を陳麻婆豆腐と呼んでいるらしい。

 

中国4000年の歴史には敵わないので

これ以上、麻婆豆腐について掘り下げることはしないけれど

毎日麻婆豆腐を食べることは問題ないとして

花椒の過剰摂取は、身体にはあまり良くなさそうな気がする。

そこで花椒について調べてみた。

 

花椒の辛味成分はサンショオールとよばれ、

内臓の働きを活発にし

消化不良の改善にも効果がある

脳内ではβエンドルフィンが分泌される

 

…らしい。

 

βエンドルフィンとは、脳内麻薬と呼ばれる快楽を感じさせる神経伝達物質だ。

この名前どこかで聞いたことがあると思ったら

以前、恋愛依存症について調べた時に

ハッピーホルモンとしてフェニルエチルアミンと一緒に出てきたのがβエンドルフィンだ。

恋愛をすると、脳内でそれらが分泌されるから幸福感を感じるという。

 

 

あぁ、なるほど…

ここでやっと、4日も連続して

麻婆豆腐を食べないではいられなかった理由が分かった。

私はこの、βエンドルフィンが大好きだ。

だからそれを分泌する成分が入っている麻婆豆腐を欲したのだ。

そして4回のうち2回は、花椒が別に添えられている過門香の重慶式麻婆豆腐を食べた。        (たくさんの花椒を振りかけて)

さらになぜこんなに麻婆豆腐にハマっているのか、医学的に理解してしまったので

来週もまた、過門香に行ってしまうだろう。

 

ところで花椒の副作用だが

 

痙攣誘発作用が現れる場合がある

 

らしい。

 

痙攣ってくちびるのかな。

まぁ、大したことなさそうだから

気にしないでいっか😜

 

過門香の重慶式麻婆豆腐↓

f:id:snk5884:20181110192745j:image

 

 

 

 

 

®️eset

 

私はハマると本当にはまり込んでしまう。

亥年生まれB型のせいか、

コレって思ったらまっしぐらだ。

自爆することも多々あるけど

それも大切な経験だと思っている。

 

ここ数ヶ月、多少無理をしてでも時間を費やしてきた案件が

音を立てて崩れてしまった。

せっかく並べたドミノを

泣く泣く、自分で全部倒してしまった。

 

後悔はない。

こんな自分が情けなく、でも憎めない。

完璧には程遠いが、愛すべき自分に

改めて気付く。

 

さぁ、またゼロから並べるかな。

 

 

f:id:snk5884:20181011213806j:image

 

 

 

 

 

台風の夜に

 

今夜はパンダの箱に埋もれて眠る

 

20時に在来線がストップする中

私はせっせと荷造りをしていた

 

少し手狭である点と、近くのコンビニの店員がストーカーな点以外は

とても気に入っている部屋だった

 

 

思い付き、勢いで決めた引越しは

正直、何故引越すのかわからなくなった時もあったけど

一度決めたことを振り返るのは無駄なので

これからも安心して突き進もう

 

f:id:snk5884:20180930234302j:image

 

いつも見ているアングル、これが最後だ

今夜は雨だけど、てっぺんまでよく見える

 

この部屋の思い出はここに置いて行こう

次の部屋ではどんな風に成長できるだろう

 

変化を恐れてはいけないのだ❗️

 

おやすみ、墨田区

 

 

一進メ

f:id:snk5884:20180912005133j:image

 

スカイツリーに見守られて暮らしている

生まれ育ちが上野浅草なので

つい、一人暮らしにはこの辺りを選んでしまう。

帰りが遅くなっても、スカイツリーはいつも明るく迎えてくれる。

でももうすぐお別れだ。

 

 

熱しやすく冷めやすい私は

これまで3度転職をしていて

その都度、職場へアクセスの良いところへ引越しては

退職とともに実家に戻る

そしてしばらくpassionを充電して

また新しい職場に臨む。

 

一つ進んで、一つ戻る。

それを繰り返しながら

手の届く範囲に何があるか

探っていたのかもしれない。

 

今の職場になり、再び実家を出たのは2年前

職場へはD to Dで25分だ。

駅までは徒歩3分、電車もさほど混んでなくて快適だった。

 

気付けばもう、更新の時期になった。

私は部屋を更新をしたことがない。

更新するほど一つの職場にいないからだ。

出来ることなら、同じ業界でより多くの様々な経験をしたいと思っている。

 

大学を卒業し、社会常識も知らないまま監査法人へ就職した私は

自分の持つ資格と、クライアントから求められる会計士像の間に

大層なギャップを感じ、入社3ヶ月で自信を失くした。

直近まで試験勉強をしていたので、知識は最新であるが

クライアントから求められるのは

検索すればすぐ出てくる情報(知識)ではなく、

経験から得た考察、アドバイスである。

そんなもの、いつになれば身につくのか、

会計監査人という独立した第三者の立場で、相手の立場や状況を鑑みながらビジネスの本質を見抜けるほど

私には想像力がなかった。

 

次は監査される側になろうと

上場会社の財務経理部に転職した。

監査対応もした。

有報を作成するのは意外とシステマチックで、監査法人にいた頃に見ていたものはこうやって作られていたのかと

とても新鮮だった。

しかし、私が最も強く感じたのは

会社には、会計だけでなく、税務も重要なのだということだった。

監査法人では、税金計算(tax review)については税理士法人に委託しているため

会計士は税務にはあまり関わらない。

試験範囲にあるだけで、実務では触れない。

 

そこで次に私が転職したのは、税理士法人だった。

社会人としての躾を改めて身につけたくて

あえて厳しそうな事務所に入った。

そこでは良い経験をさせてもらって本当に感謝している。

しかし、社内の文化があまりに強烈だったので、組織が嫌になって2年弱で辞めた。

 

しばらくフリーで適当に稼ごうと思っていたが、なんか物足りなくて

今の事務所に出会った。

気付けば3年目だ。

今の仕事は、これまでの集大成のようなもので、監査も経理も税務も網羅的にやらせてもらえる。

周囲の人にも恵まれ、毎日が平和で幸せに働いている。

 

話が逸れてしまったが

ここで私はある決断をしたわけで

つまり、このままここに住み続けるか

別のところへ引っ越すか…

 

 

更新か解約かの連絡期日2日前

私は不動産屋へ駆け込み

物件を探していた。

その2日後、新居の申し込みと

今の部屋の解約の連絡をした。

転職しない代わりに生活環境を変える。

事務所から徒歩圏内、さらにworkaholicになりそうだけど

一つ前に進めたような気がして

わくわくする。

初めての実家以外からの引越し

不安だけど、進むしかないから

まだまだ頑張ろう❗️

 

 

 

 

私はいつも、大切な決断は思いつきで即決だ。

 

そしてそれは深く考えた選択よりも

はるかにスムーズにすすむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吊橋効果

 

何フェチかと訊かれたら

多分私はドライブフェチだ

男性が運転している姿はカッコいい

運転が上手い人というのは

スピードを出せる人だと思っている

そのせいか私は

2度ほどオービスに写ったことがある

運転していた人は別々の人だけど

二人とももれなく免取、免停になってしまって気の毒だった

 

という話をつい先日、美容院で美容師と話していたら

それ、ただの吊橋効果じゃないですかと言われた

 

あまりにも鋭く核心を突かれた気がして

一瞬言葉が出なかった

あのキュンキュンする気持ちは恋心ではなくて

ただスピードにドキドキしていただけなのか…

 

と、思ったら

急に自分が薄っぺらく感じた

 

美容院は新しい自分に出会えるだけでなく

本当の自分に気付かされる場所でもある。

 

そして、ドライブデートは危険だ。

 

 

f:id:snk5884:20180815014127j:image

 

ネコ

 

最近、道端でネコを見かけなくなったのは

大人になって、観察力が衰えたせいかもしれない。

 

ネコには親近感しか感じない。

好き、というのとは違う

同じ類の生き物だという感覚

 

仕事では忠誠心のある犬をかぶっているが

プライベートでは完全にネコだ

家ネコではなく野良ネコの方

 

どうしたら飼えるの?って

以前聞かれたことがあって

つい、笑ってしまった

 

f:id:snk5884:20180728012937j:image

 

3年前にこの本をプレゼントしてくれた人から

転職するので送別会をやりますとグループLineで連絡があった

とっくに事務所を辞めた私が

今更どんな顔をして行けば良いか分からないので勿論行かなかったけど

自分の道を切り拓いて、活躍することを祈っています。

 

彼は、私のことをよく分かってくれていたんだなと

今でも部屋に飾ってあるこの本を見て

ふと、そう思った。

 

がんばれ👍