読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眠る前に

寝たら忘れちゃうから、備忘録。

すごいおばあちゃん

 

哀しみや辛さはたくさん味わっておきたい

おばあちゃんになったとき

頑張ってる若者を

褒めてあげたいから。

 

どうせ褒められるなら

すごいおばあちゃんに褒められた方が嬉しいよね

 

だからすごいおばあちゃんになろう

 

 

 

心が疲れたときの回復マニュアル

 

低血圧のためか低音で

アルコールで灼けた声だけど

そんな私と話して

癒されたとか

元気になったとか

言われることがしばしばあって

それはとても有難いことだと思っている

一時的でも、誰かの役に立てたということが嬉しい

マイペースで、思ったことをそのまま言ってるだけなんだけど

それがその人の人生に

なにか少しでもプラスになったなら

生きてて良かったなと、思える

 

誰だって、一生懸命生きてたら

疲れちゃうこともあって

それは私もそうで

帰り道に、なんかわからないけど涙がでてきたり

心が停止して、思考も停止して

最低限のことしか出来なくなることがある

 

 

そんなときはまず、大好きな音楽を聴く

そして、大好きなお料理をする

ワインを飲みながら

アマゾンプライムの映画を観る

それからお風呂にゆっくり入って

心に引っかかる

お客様のことや

大切な友人のことを考え

全てが良い方向へ向かうことを祈り

髪の毛を乾かした後

母の作った梅酒を飲んで

今日一日を無事に生き抜いたことに感謝して眠る。

これでまた明日から

いつも通りの私になれる

 

 

はず。

また次にこうなった時の備忘録😁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭から離れない

  

悩みを相談されて

言えたことは

話してくれてありがとう

それしか無かった

助けてあげたいけど

何も出来ない

ただ、その相談を

私に話してくれたことが嬉しかったから

どんなことがあっても

そばで見てるね

離れていかないから

私に出来ることは

そんなことしかないってことが

すごく切なかった

 

莫大なお金や経済権力があれば

救えるのかもしれないけど

それが最善の解決にはならない

壁にぶつかったときに

自分の力で乗り越えることでしか

その人の成長はないんだ

 

と、自分に言い聞かせて

一日中頭から離れなかったそのアジェンダ

手放しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に残るお店

最近心に残った料理は、銀座マルウシミートのうにロール
f:id:snk5884:20170320000816j:image

写真撮らなかったので食べログから借りてきました

心に残る料理というのは正直なかなか出逢えない。出逢ってもすぐ忘れるので、心に残る期間は限られる。

それは舌という器官が脳に伝える情報が、目や耳から伝わる情報より少ないからだと思う。

映像や音は容易に思い出すことができるし、再現することもさほど難しくない。

それに比べると、味は難しい。

うにロールは確かに美味しかったけど

じゃぁその味や舌触り、温度、鼻を抜ける香りを思い出せるかといったら

無理だ。

なんとなく覚えてるけど、なんとも曖昧なもので、美味しかったからまた食べたい、程度である。

そしてあと2週間もするとそのことすら忘れる。

だから私が特別な日に選ぶお店のポイントはお料理の美味しさではない。

心地よいサービス、居心地のよい空間、目の前に広がる眺望、この3つ。

人間はリラックスしている状態の時記憶力が上がる。これは勉強や仕事でもそうだ。

緊張した中での会食の味なんて憶えていないどころか、何を食べたか認識すらしていないことがある。

だから、相手の心に残る食事をしたいときにはまず、リラックス出来る心地よいお店選びが第一。

モテる店とかキメる店とか色々あるけど

そういう小手先の技的な流行りのお店より、落ち着いた上品なお店の方が成功率は高いと思うんだけどな。

そして、そういう上質なお店をたくさん知ってる人が、私の中ではポイントが高い。

万人に共通する食というカテゴリーをどれだけ重視できるか、ビジネスでもとても役に立ちます。

 

 

 

帆立の老中

自分の確定申告で日曜日を費やしてしまった

朝から始めたのに税額確定したら夜だった…

明日から始まる一週間のために

今日は他のことを思いっきりしたい

19時に家を出て

スーパーで巨大帆立と出会った

f:id:snk5884:20170312215436j:image

もし海底で出会っていたら

私は彼を老中と呼んでいたと思う

老中が下町のスーパーで夜19時まで売れ残っているなんて居た堪れなくて

迷わず連れて帰った

(ちゃんとお会計はしました)

そして帰って初めて、彼がまだ生存していることを知った 

捌くことを躊躇するも、かといって飼うこともできない

以前、どじょうで失敗しているので

食材を育てることは私の中ではタブーとなっている

パクパクと動く彼に容赦なくナイフを入れる私…(中略)

f:id:snk5884:20170312215454j:image

美味しく戴きました💜

ご馳走様、老中ありがとう。

f:id:snk5884:20170312215505j:image

飽きたので煮てみた。

お料理の幅が広がった良い日曜日になりました。

明日からまた、税金計算だ!

 

 

明日はさなの日

 

子供の頃の最大の発見は

自分の姓名が数字になることだった

 

(エンジェルナンバーとか

数字のパワー的なものは

夢占いと同じレベルで信じていません)

 

だから毎年3/7は私の日だと思っている

お祝いをするとか、ワガママを言えるとか、

そういう日ではなくて

特別な気分で過ごす日にしている。

 

大人になると誕生日が普通になる。

毎日誰かの誕生日で誰かの命日だ

でも一日も同じ日はないし

その奇跡の積み重ねで人生は作られてる

本当は毎日が特別であるはずなのに

それだとやっぱり疲れちゃうからね

 

さなの日のテーマは毎年違うけど

明日はみんなを

もっと笑顔にしてみようかな。

 

なんでもない日おめでとう!って

素敵だね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャバアサナが待ち遠しい

 

ヨガが好きだ

10年近く、ペースはまちまちだけど

続けている

仕事が繁忙期のとき以外は

ヨガスタジオの会員になって通い

繁忙期はドロップインで行く

ヨガ友達のなおちゃんが月一で開催するお寺ヨガは

スタジオでのヨガとは異なり

リラクゼーション効果がとても高いので

毎月、繁忙期でも通っている

20何連勤明けの今日、初めてシャバアサナが待ち遠しかった

疲れてるのは確かだけど、ヨガは大丈夫。

そう思ってたのに、身体が思うように動かない

いつもチャレンジするヘッドスタンドも

やる気が起きなかった

最後のシャバアサナが待ち遠しくて

他のアサナを楽しめなかった

人間、こうなったら終わりだと痛感した

仕事は好きだけど、バランスのとれない働き方はやめよう

身体も心も疲れてしまっては

人生を楽しめない。

今日は早く寝よう

明日からまた頑張ろう

自分の心身の状態に気付かせてくれるヨガは

やっぱり好きだ